こんにちは!

旅の楽しみといえば、朝食!という方って多いと思います。

私もそのうちの一人です。

バリでは今や数えきれない程のホテルがある中、

今日はあのラグジュアリーブランドホテル【リッツカールトン】の最高峰

マンダパ・ア・リッツカールトン・リザーブの朝食をご紹介します!

※お部屋やリゾートはまた次の回でご紹介します♪

会場のレストランは【サワレストラン】。

箸 バリ研修 001

朝食だけでなくオールデイダイニングとして利用できます。

二段で構成されたオープンエアーの開放的な席からは、下の方にアユン川を望むことが出来ます。

箸 バリ研修 003

朝はまだ日差しも強くないので、爽やかな風と景色を感じながらオシャレで豊富な種類の朝食を楽しむことが出来ます。

しかもBGMがノラ・ジョーンズなどの落ち着いた洋楽*バリでは初めてでした!

 

朝食内容はもう写真を見ていただければ、その豊富さと美味しそうな感じが伝わると思います。

ちなみにアラカルトとビュッフェのどちらもアンリミテッドです!

もう食べたいだけ食べてください!*

アラカルトはこちらを頼んでみました(^O^)

*エッグベネディクト

味付けがしつこくなくてペロッといけちゃいます。

あ~またこの卵を割りたい。

箸 バリ研修 082

 

*フォワグラのココット

朝からココット、朝からフォワグラ!こんなオシャレ朝食バリにあったんですね!

 

箸 バリ研修 087

 

*ジャパニーズブレックファースト 和定食

あまり美味しいと感じるところって少ないですが、ここのは本当に普通に美味しいです。

お味噌汁も出汁が効いてます。

箸 バリ研修 084

 

*フレンチトースト

これ本当におすすめです!カリッふわっです!

箸 バリ研修 091

 

他にもアラカルトは種類が豊富です!

またブッフェもこんな感じで美味しいんです。とりあえず写真を見てください笑

箸 バリ研修 007

箸 バリ研修 017箸 バリ研修 014箸 バリ研修 020箸 バリ研修 023

箸 バリ研修 033 箸 バリ研修 067 箸 バリ研修 038 箸 バリ研修 060 箸 バリ研修 074

 

朝食以外にも広大な敷地はバリの村のような雰囲気を楽しむことが出来ます。

箸 バリ研修 109

最先端のラグジュアリーホテルでありながら、どこか懐かしさを感じられるマンダパ・ア・リッツカールトン・リザーブ。

まだお客様の少ない今が狙い目です!

※ちなみにこの席がオススメ♥

箸 バリ研修 012

マンダパ・ア・リッツカールトン・リザーブの紹介はこちら

マンダパや他ホテルとの組み合わせツアーもアレンジできます!

ご相談はバリガールまで。

 

 

 

 


こんにちは。

バリは雨期に入り気候も暖かくなり、ようやく汗をかくようになりました。

先日、夜中にスコールが降りましたが、日中の雨はまだ、降られてません。

11月のウブドの田園は、緑がとても綺麗です。

DSC_0881_R

今回は、ナシアヤムのお店を紹介します!

日本でも良く行ってた古民家でのオーガニックランチ。

その土地で取れたお米や、惣菜の家庭的な味を古民家で食べる。

アットホームな雰囲気で会話も弾みとても懐かしい気持ちになります。

そんな雰囲気で食事ができるお店に行ってきました。

場所は、ウブドのクデワタンエリア。

モンキーフォレストから車で10分弱のところにあります。

その名は、

Nasi Ayam Kedewatan Ibu Mangku (ナシアヤムクデワタンイブマンクー)

*こちらのお店はオーがーニックではありません。

DSC_0957_R

DSC_0958_R

 

DSC_0959_R

ナシ アヤム(ナシ=ご飯、アヤム=鳥) 鳥ごはん。

クデワタン  (エリアの名前)

イブ      (女性の敬称)

マンクゥー  (お坊さん)

バリ人が大好きなクルプットウダンやナッツなどの種類も豊富。

DSC_0962_R

こちらのスペースでいただくことになりました。

本来は、寝室の為、ここで食事するということはないそうです。

お客様が多いので解放しています。

実際に生活をしているため、ランチタイムのみの営業になります。

DSC_0966

メニューはとてもシンプルで2種類

ワンプレートのナシチャンプル(スープなし)  25,000ルピア(約250円)

ご飯とおかずがわかれておりスープ付     30,000ルピア(約50円)

日本語ガイドのスギタさんは、5,000ルピア(約50円)の時から来ていたそうです。

DSC_0968_R

こちらがナシチャンプル 25,000ルピア

DSC_0977_R

こちらがスープ付 30,000ルピア

鶏肉が色々な種類で料理されており、焼いていたり、蒸したり、揚げたり。

たまごにも味がついてます、お野菜も鶏肉とマッチしてまた、食べたくなる味でした。

 

DSC_0971_R

日本語ガイドのスギタさん

ドライバーのボダさん

そして、旅工房スタッフ 3名

*お茶と、マンゴージュース、アボガドジュースを頼み、合計 150,000ルピア(約1,500円)

こんなアットホームな池があり、、、、

DSC_0979_R

こんな可愛い石像が顔をのぞかせてました。

DSC_0980_R

 Nasi Ayam Kedewatan Ibu Mangku (ナシアヤムクデワタンイブマンクー)へ

行かれたい方は、是非、バリガールへご連絡ください。

ウブドの街中で見つけましたバリ猫の天使。

キリンさんもとってもかわいいですね。

バリらしさをおすそ分けします!

DSC_0923_R

 


神々の島と言われるバリ島には、パワースポットと呼ばれる場所がいくつもあります!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もはや島全体がパワースポットと言っても過言ではなく、何が起きてもバリだから有り得る!!と妙に納得してしまうことも多いです。

至る箇所でお祈りをしてる姿や、穏やかなバリの人々に触れ、偉大な自然を目にして旅をすると、自然とパワーを貰っていつも帰っているような気がします!日本だと薄れてしまいがちな、感謝の気持ちも深まるので、不思議ですねー!!毎年毎年通ってしまうのは、バリに呼ばれてるからかもっ!?なんて勝手に思ったりもします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウブドから約30分位のタンパクシリンという場所に、「ティルタエンプル寺院」があります。とても由緒ある寺院の1つで、パワースポットと言われています!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また「パクリサン川流域の棚田の景観」として、世界遺産にも登録されました。バリの方々も、毎日いろいろな方面から参拝に訪れ、お祈り前のお清めの沐浴(ムルカット)をしている姿がみれます。バリヒンドウーの信仰の強さを感じます。

前から、沐浴はいいよ~と、バリ人やバリ在住者に聞いていたので、せっかくだからと、今回初の”沐浴”に挑戦してみました!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ティルタ=水、エンプル=聖なる、という意味です。水がとてもきれいで驚きます。朝一で行きましたが、既にたくさんの参拝者がいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

寺院はそれほど大きくはありません。中へ入る前に、お供えチャナンを買います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すごく大きなガジュマルの木もあります。なんだかこれだけでとてもパワーがありそうです。祭壇も備えてあります。寺院内は、とてもきれいに手入れがされています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入る際には、サロンとスレンダン(帯)を巻きます。自分で用意がない場合は、貸出もしています。大きな集会場もあり、お祭りの際は儀式が行われます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

割れ門をくぐると、沐浴場になります。これは寺院内に湧く泉を引いてるそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずはお祈りを捧げます。皆が平和でハッピーでありますように~、見よう見まねで祈りを捧げます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

沐浴にはちゃんとした手順があります。ガイドさんと一緒なら、教えてもらえて安心です!水はきれい、でもめちゃくちゃ冷たい・・思い切って、気合入れて行くっきゃないです。

まずは右側から。左端から順番に、祈りを捧げ聖水を浴びて、身を清めます。右側の2つは死んだ際に清める水ということで、通常は浴びませんので注意!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最初は冷たいと思っていましたが、段々と慣れてくると、気持ちがよいです。もはや無心に近くなって、身が清められてる感じはします。 身が穢れてると、水浴びした水が真っ黒になるとも言われてたので、びびりな自分は不安でしたが、大丈夫!まだ穢れてない!?また、龍をみたという人もいたり、本当不思議なことがあるものです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

右側が終わると、左側に移り、また順番に沐浴を繰り返します。かなり人が集まってきたので、沐浴も子供立ちにまじって順番待ちです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

全てを終えると、非常にスッキリして気分爽快です。これはただ見てるだけじゃもったいない!ぜひ体感してみてください!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

着替えは集会場の裏にロッカールームがあります。が、、なんと男女共同、完全ローカル仕様です。水着を着て行ったので、なんとか苦労しながら着替えを終了。※びっしょびしょになるので、水着、タオル、着替え、濡れたものを入れる袋は必須です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後、寺院にまわると、たくさんの方がお祈りを捧げていました。集落単位でお祈りに来てたりするので、相当な人数で圧巻です。寺院でも、同じようにお祈りも捧げます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

沐浴場の裏手には、湧き水がでる聖なる泉があります。ふつふつ、よく見ると何か所からか湧き出ています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

奥の丘には、スカルノ大統領時代の別荘がありました。デビ夫人もきてたそうですよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

寺院から帰る道にはお土産屋さんがいっぱい。全然しつこくなくて、よくよく見ると可愛いものがいっぱい。特に手編みの子供服とかかわいいくて安い!

沐浴まで含めて、所要時間は約1時間半位でしょうか。せっかく行ったならば、バリならではの体験はいかがでしょうか?ローカルのガイドさんがちゃんと付いて説明も日本語でしてくれるので、安心です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この近辺には有名なテガガランのライステラスもあります。また、あわせてパワースポットのゴアガジャにいくこともできます。

ちなみに、沐浴は思ったより、体力を消耗します。プールから上がったような、心地よい脱力感と眠気・・ランチは、ウブドでゆっくり、こんな光景を見ながら寛いでみるのもお勧めです。沐浴して身も心も引き締まる思いだったので、身体の浄化=ヘルシーフードと思い、ライステラスの散歩道をてくてくと、有名なサリオーガニックを目指しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

が、行けども行けどもつかない。。本当にこの道であっているのか!?疲れとお腹すいたのもあいまって、途中で断念!いい雰囲気のレストランをみつけて飛び込みました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結果、結局ニクをがっつく!!美味しい!バリ最高っ!!!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パワースポット巡りは、専用カーチャーターで行くことができます。ご希望の方は、ぜひバリガールへお問い合わせください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


ページの先頭へ戻る